医師事務作業補助などの医療資格を取得しよう│STUDY合格ロード

医者

合格率などを確認

合格率をチェックする

男性

医師事務作業補助の資格を取得するときに気になるのが合格率ですが、医師事務作業補助といってもあらゆるジャンルがあるので、それぞれで合格率は異なってきます。医師事務作業補助というジャンルの中でも比較的難易度が高くないと言われているのが、医師事務作業補助技能認定試験の資格です。この試験では学科のみならず実技の試験も行われますが、合格率も60パーセント前後なので比較的挑戦しやすい資格と言えるでしょう。医師事務作業補助の仕事の中でも、1級、準1級、2級、3級というように級ごとに試験が分かれているのが医療秘書技能検定試験の資格です。3級からスタートしますが、級が上がるごとに難易度も高くなります。その他合格率が高いのは医師事務作業補助実務能力認定試験で、合格率も60パーセントから80パーセントと高い水準を誇っています。それぞれで学習すべき内容は違ってくるうえ、選ぶ通信講座によって学習できる内容も変わってきます。

受験資格もある

医師事務作業補助の試験を受験する為にも、受験資格をクリアしなければ試験を受けることもできません。その1つは、決められた教育期間の元で認定医師秘書の講座を修了させることとなっています。もう1つの条件が、医療期間でその後半年以上の実務経験をすることとなっており、その中でも研修や講習を受けていることが求められます。その為、医師事務作業補助の仕事をしたいと思ってから試験受験、資格合格をするまでにはある程度の期間が必要になってくると言えるでしょう。医師事務作業補助者の資格のみならず、基本的なパソコン操作は求められてくるので計画的な学習をしてく必要があります。