医師事務作業補助などの医療資格を取得しよう│STUDY合格ロード

医者

医師の片腕となる

アスリートのサポートをすることができます。柔道整復師のスペシャリストを育成している専門学校がこちらです。基礎知識から学べます。

医師に変わって事務をする

男性

様々な資格がある中でも特に女性が注目している資格に認定医師秘書の資格があります。認定医師秘書の場合、医師のような専門的な医療知識はそこまで必要としないうえ、事務作業における知識を身に付ければ長い間事務作業員として働き続けることができます。加えてデスクワークということで体力的な負担も少ない分、若い人から年配の人まで、幅広い年代から人気となっている仕事になります。医師事務作業補助の仕事は、これまで医師や看護師などが代行で行なっていましたが、医療業務負担の軽減の為に医師事務作業補助の仕事が誕生し、今では多くの病院で医師事務作業補助スタッフが働いています。この仕事をする為にも、認定医師秘書の資格が必要となっているので、働く為には学習が必要となりますが、今では通信講座などで学ぶことも可能です。

主な仕事内容を知る

医師事務作業補助の仕事は、認定医師秘書の資格が必要となり、医療事務とは違って医師が行なうべき事務業務を代行して行ないます。認定医師秘書の資格を取得する前に、医師事務作業補助員として実際に働いたときの仕事内容は理解しておくのが良いでしょう。医師事務作業補助の仕事内容としては、診断書などの文書作成や診療録などの代行、医療向上へ向けた事務業務、行政などに提出する医療報告書の作成などが挙げられます。医師事務作業補助を目指して資格の勉強をするとき、特に現在仕事をしながら資格取得を目指す人はできるだけ通信講座など、空いた時間を利用してマイペースに学習が続けられる講座を受講するのが良いでしょう。

学習をスタートする

男性

医師事務作業補助の学習をするときには、専門学校や通信教育、独学など、いくつかの学習方法があります。しっかりとしたテキストを利用して、自分のペースで学びたい人は通信教育学習が向いているといえます。

Read More...

学習でおさえるポイント

男性

医師事務作業補助では、医療機関内組織や電子カルテ、その他、個人情報や保険制度についての知識を身につけておく必要があります。できるだけ効率的に学べるテキストを選ぶのがポイントです。

Read More...

合格率などを確認

男性

医師事務作業補助の資格を受けるときには、一定の条件をクリアしておく必要があります。試験にもいくつかの種類があるので、それぞれの合格率もチェックしておくと良いでしょう。

Read More...